他のカップルがまだそんなにやっていない演出がしたい

演出ごとの意味を大事に

自分たちの思い通りに挙式の長さや演出を考えることができるのが、人前式の醍醐味ですよね。どんな演出を選ぶのか、色々考えているだけでもワクワクしませんか。各演出の人気度や盛り上がり、おしゃれな雰囲気があるかなどの要素で選ぶのもいいですが、どんな意味が込められているのかもちゃんと考えて選んだ方が、中身がしっかりした人前式になりますよ。新郎が12本のバラで作られたブーケに誓いを託す、ダズンローズセレモニーも素敵ですよね。これら以外にも、まだ取り入れているカップルは少数派ですが、ハンドファスティングという演出もあります。ケルト民族の結婚式にルーツを持つ演出で、新郎新婦が手を握った状態のまま細長い布などで結ぶというものです。布はどのような物を使っても構いませんが、昔は各地の伝統的な生地などを使用していました。地元で結婚する場合は、その地域の有名な伝統工芸品で作ったものを利用するのも個性的で面白いですね。

和装の人前式用の演出にはどんなものが?

西洋の人前式の演出は豊富ですし、どんどん海外からもおしゃれな演出が入ってきますよね。和装の人前式をしたいものの、あまり演出のアイディアがないと悩んでいるカップルにもおすすめなのが水合わせの儀です。これは日本で昔から行われている演出ですが、新郎新婦が杯などに入れられた水を一つの器に入れるだけなので、誰でも簡単に行えます。グラスやじょうろなどを使えば、西洋式の人前式にもなじみやすい演出に早変わりです。ただの水ではなく、ワインや炭酸飲料などでもいいでしょう。

結婚式は、人生最大のイベントです。なので、思い出に残るような豪華な結婚式にしたいですよね。福岡の結婚式場は、広くてゴージャスでおすすめなところが多いです。