ローソファの選び方ってどうすればいいの?

床座に慣れている人に向いてます

ソファには様々な種類がありますが、その中でもローソファは脚がなく直接床に置いて使用するものです。そのため床と座面の位置がそれほど離れていないので、慣れない人には使いにくいものでもあります。普段の生活で床に座布団などを敷いて座っている人であれば、それより少し高さがある程度なのでそこまで大きな違和感を感じることなく使うことが可能です。ソファは座ってくつろぐ場所でもあるので、自分の生活スタイルに合っているものを選ぶことが大切です。ローソファを選ぶときはその点も考慮して、購入するようにしましょう。

ローソファの種類は主に3つ

ローソファは高さが低いソファのことですが、その中でもいくつかの種類に分けることができます。それは、コーナーローソファ・ハイバックローソファ・リクライニングローソファの3つです。コーナーソファは、部屋の角を有効的に活用できる形になっており、主にリビングなどで利用されることが多いです。いくつかに分割できるものもあり、部屋の大きさや気分によって配置を変えることができます。ハイバックローソファは、背もたれの高いものです。一般的なソファは背もたれは背中くらいまでの高さしかありませんが、ハイバックのものでは首や頭まで支えてくれます。それによりリラックスしてゆっくり座ることができますが、背もたれに体重をかけすぎるとひっくり返る可能性もあるので、壁際で利用すると安心です。リクライニングローソファは背もたれが可動式なので、角度を調整することができます。通常時は背もたれを使い、昼寝をしたい時などは背もたれを倒すことでベッドのように利用できるため便利です。

ソファ ダイニングとはダイニングテーブルにソファを組み合わせる食卓のスタイルのことです。食卓にゆったりとした雰囲気をもたらします。