前撮りのメリット!思い出に残る一枚を撮る!

納得できる写真が撮れる

前撮りをするメリットは時間をかけて、納得できる写真が撮れることです。結婚式の写真は思い出に残るものですので、中途半端な写真は撮りたくないという人は多いです。しかし、納得できるまで写真を撮ろうとすると時間がかかってしまうでしょう。結婚式当日に写真を撮ろうとしても、写真だけに時間をかけることができない可能性もあります。式と写真を撮る日程を分けることで時間的に余裕がでます。また、後悔しないために写真を何度も撮り直すことも少なくありません。撮り直しの回数によっては長時間の撮影になるかもしれません。写真にこだわるのであれば式への影響がない前撮りの方がいいでしょう。

好きな衣装を着ることができる

前撮りをするときには衣装をあらかじめ用意してもらえて、好きな衣装を着ることができます。前撮りは専用のスタジオなどを利用することが多いため、衣装は豊富に揃っています。和装が結婚式場では着られないため前撮りするという人も多いです。また、結婚式では着られないウェディングドレスの別バージョンを思い出として写真に撮りたいというケースもあります。気に入ったウェディングドレスがあったとしても、式当日に全てを着れるとは限りません。ウェディングドレスを着る機会はないため、写真にだけでも残したいと思うのです。他に、衣装は二人の思い出のものを着ることもできます。思い出のペアルック衣装などの写真も残しておけば、結婚式の二次会などでも利用できるでしょう。

ロケーションなどを自由に決めることができる

前撮りはロケーションを自由に決められることもメリットです。教会や結婚式場の中だけではなく、思い出の場所や自分の好みにあった所などでも撮影はできます。季節に合った場所での撮影も可能です。例えば、冬ならイルミネーションと一緒に撮ることもできるのです。自分が思い出として残しておきたい場所などがあるときには前撮りをしましょう。また、映画のようなシチュエーションで撮影することもできます。好きな映画やシチュエーションがあるなら、事前に話しておくと準備してくれます。

結婚式当日に利用できる

前撮りで撮った写真は結婚式で利用することができます。プロフィール紹介やウェルカムボードに写真を使えば結婚式を盛り上げることができるでしょう。さらに引き出物に写真を使うことも可能です。引き出物に写真を上手く活用すると、結婚式に参加した人はずっと忘れない結婚式になります。もう一つの利用方法として、二次会での活用です。結婚式の二次会では写真があると色々な場面で使えます。

前撮りは、結婚式や披露宴より前に別の日を設けて記念写真を撮っておく事を指します。これにより、式や披露宴に時間的な余裕が生まれ、当日の時間をゆっくりと味わう事ができます。