知らなかった神社婚!知れば神社で式を挙げたくなる!

神社で挙げる結婚式とは

神社にお参りに行った時に、花嫁行列に遭遇したことはありませんか。花嫁行列とは神職、巫女、新郎新婦が列になって神殿に向かって歩いて行きます。花嫁衣装の華やかさやこれから式に向かう厳かな様子に心を惹かれますよね。ここでは、私たちの身近に存在している神社で挙げる結婚式が、どういうものなのか紹介していきます。日本の伝統の挙式である神社婚は、神の前で結婚を誓います。明治時代の終わり頃から行われるようになり、広く普及していきました。元々は親族のみが参列していましたが、最近では友人の参列ができるようになってきました。神社によっては、参列できる人数に制限がある場合があります。少人数の挙式や、身内のみで式を挙げたい人には向いていますね。

花嫁衣装もいろいろあります

神社婚で気になるのは、やはり花嫁衣装ですよね。大きく分けて、白無垢、色打掛、引振袖があります。白無垢は格式の高い正礼装です。純白や生成りの生地に、四季折々の花や鶴などが刺繍されています。小物も全て白で統一され、嫁ぎ先の家風に染まるという意味を持ちます。色打掛も白無垢と同じく正礼装です。着物にボリュームがあり赤やゴールドなど華やかな色使いで、様々な柄や刺繍が艶やかさを演出してくれます。そして、振袖の一種である引振袖は、裾を引きずるような見た目が特徴的です。色打掛よりボリュームが抑えられています。以前は黒い引振袖が一般的でしたが、最近では色のバリエーションが増え、帯や小物とのコーディネートが楽しめます。

ヘアスタイルは和にこだわる?和洋ミックス?

和装に合わせるヘアスタイルを紹介していきます。伝統的なスタイルで綿帽子と角隠しを合わせます。綿帽子は、白無垢だけに合わせることができます。ウェディングドレスのベールのように、新郎以外には挙式が終わるまで顔を見せない意味があり、挙式のみでしか着用できません。では、綿帽子の中はどんな髪型になっているのでしょうか。綿帽子の形をキープできるように高さのある日本髪にする人もいますが、最近では、洋髪にする人も増えています。洋髪のアップスタイルにして大きめの花を添えたり、白無垢の柄に合わせた髪飾りやヘッドドレスを着けると全体的にまとまりがでます。

角隠しは白無垢、色打掛、引振袖に合わせることができ、日本髪にする必要があります。地毛で日本髪を結うか、生え際や一部は地毛を生かして半かつら、もしくはかつらを着けます。角隠しに洋髪を合わせることはできないので、とことん和装にこだわりたい人に挑戦してみてほしいです。

三重の神社婚は歴史や伝統があるため、人生の新たな門出を祝うためにふさわしいことでも注目されています。