一人で住み始めて初めて分かる!一人暮らしをして気付くこととは?

生活するにはお金がかかる!

一人暮らしを始めてすぐに気づくのは、「生活するのには、思ったよりもお金がかかる」ということです。自分で支払いをするからこそ、気付く出費があります。家賃は覚悟していても、水道・光熱費について意識したことはなかったかもしれません。食費にスマホやパソコンの通信費、NHK放送受信料……思ってもいなかったような出費があることに気付きます。特に洗剤やトイレットペーパー、常備薬など、生活必需品をまとめて買うと、すぐに1万円程度かかることに驚くでしょう。

一人は寂しいと初めて知る!

一人暮らしの部屋でテレビもつけずに一人でいると、心の底から「寂しい」と感じるかもしれません。実家暮らしの時は、「うるさいな」と感じていたはずの、家族の声が聞こえないためです。父親や母親、兄弟のくだらない話がいつでも聞こえている実家のリビングが、実はとても幸せな空間だったということに気付かされるのではないでしょうか。

家事は思ったよりも面倒くさい!

一人暮らしを始めて、母親の偉大さに気付いた子供は少なくないでしょう。家事は自分でしてみると、思ったより面倒くさいものです。料理は楽しく作れたとしても、洗濯物を干すのは面倒くさいのではないでしょうか。週に3日のゴミ出しがある日の朝に、生ゴミをまとめてゴミ捨て場に行く面倒くささは、嫌気がさすほどかもしれません。そのうえ、お風呂掃除やトイレ掃除、部屋の片づけにアイロンがけ、空気清浄機の水の交換など、やらなければならないことは山積みなので、気が遠くなることもあります。

初めての一人暮らし、急に決まったり、何を揃えればいいのかわからない時には、家具の家電のレンタルがとても便利です。セットになっていることが多いので、使ってみて慣れてきたら購入していくと間違いありません。