単身赴任で家具付き賃貸は本当にお得なのか?

短期ほど家具付き賃貸がお得になる

短期の単身赴任をする場合においては、家具付きの賃貸物件が断然お得です。会社から補助は出るとは言え、新しい生活をスタートするとなると、家電や家具を購入する必要が出てくるので何かと物入りになってしまいますよね。そこで、家具付き賃貸物件を利用すれば、そうした初期にかかるコストをカットすることが可能になります。もちろん、家具の賃貸料は家賃に含まれていますが、家具を買ったり生活に必要な家電製品を用意したりする必要はなく、すべて予め揃っています。そのため、短期間の単身赴任の予定があるのなら、家具付き賃貸物件を利用したほうがお得になるといえるのです。また、転居にかかる準備の手間もかなり省略することができます。

長期の単身赴任は家具なしのほうがメリットが多い

他方、単身赴任が長期にわたるとなると、家具付き賃貸物件は割高に感じるかもしれません。それというのも、家具のレンタル料は家賃に組み込まれているので、毎月余分にお金を払わなければならなくなります。また、短期であれば備え付けの家具や家電製品でも我慢できますが、長期の単身赴任となると、自分が選んだものを使いたいという気持ちも湧いてくるかもしれません。さらに、家電製品などは消耗品でもあるので、壊れたりしたら弁償しなければならなくなります。そのため、長期の単身赴任の場合には、家具の付いていない普通の賃貸物件を借り、家電製品や家具は自分の好みのものを買い揃えた方が結果的に安くあがることのほうが多いと言われているのです。

単身赴任の家具は、備え付け家具がないと現地で購入するか自宅の家具を持っていくことになります。赴任期間終了後に廃棄費用を払いたくない人は、レンタルで済ますこともあります。